外観

「我が家」であることが、誇らしくなる風景。 出かける度に、帰ってくる度に、住まい人を見送り、迎える印象派の風景。住まうことの「喜び」や「優越」をもたらすエントランスの意匠には、通りを行き交う人々、訪れる人々までをも魅了する華やぎが満ちています。
描き出されたフォルムに薫る「街」と「個性」の融和。 「街」の中で浮き立つのではなく、あくまで「街」の中に溶け込むように描き出されたフォルムでありながら、そこには確かな「個性」が薫っている。これこそ「グランフォーレマンション」のデザイニングが光る意匠です。
PROJECT TEAM(株式会社サニム建築事務所 中尾俊平) 自然豊かな大濠公園の近隣に位置するも、六本松駅を中心に賑わい、更に九大キャンパス跡地の再開発も加わり発展し続ける街に、アーバンライフ志向の高感度な人達から支持されるマンションを目指しました。単身者が暮らしやすい間取りや機能、洗練された日々を感じられるインテリアデザイン、白い壁面にアクセントラインを効かせどの位置から見ても点景となるファサードデザイン、乾いたイメージのアプローチに癒しを与える緑や水盤等、さまざまに仕掛けを施しました。
※掲載のCGは図面を基に描き起こしたもので実際と異なる場合がございます。
pagetop